バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

サンガナカ saṃgaṇaka स॑गणक【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】


“サンガナカ”とは、コンピュータのこと!
接頭辞 sam は「ともに、いっしょに」、gaṇaka は√gaṇ(計算する)に派生する語で「計算をする人(すなわち数学家や天文家)」。ただし、サンのつかないガナカが男性名詞(gaṇakaḥ)であるのに対し、サンガナカは中性名詞(saṃgaṇakam)。計算をする人ではなく、「計算をする器械」というニュアンスでしょう。その集合体——高集積計算機がコンピュータというわけです。そういうと、
「サンスクリットにある言葉だから、コンピュータはヴェーダの時代からインドにあったのだ!」
と鼻息を荒くするインド人も多々いらっしゃいますが、もちろんそんなことはありません。
サンスクリットは、「古代インドの文語」と定義されることがありますが、これは正しくありません。
「古代だけではなく現在も使われ、文語だけではなく会話にも用いられる、生きた言語」だから。
現代生活に不可欠な言葉はどんどんと新しく造語されます。サンスクリットらしく、男性・女性・中性のジェンダー(性別)を示す語尾を調えて。
インドの NHK とよばれる国営テレビ“ドゥーラ・ダルシャナ”では、週に1時間「サンスクリットによるニュース」が放映されるそうですが、きっと、その場で新語も発表されるのでしょう。なお、テレビを表わすサンスクリットは、ドゥーラ・ダルシャナの女性形の“ドゥーラ・ダルシャニー”(dūra-darśanī)、「遠くの光景を映す女」という意味になります。テレビは女性だったのですね。
サンスクリットの現代用語を、いくつか紹介しましょう。-aḥ で終わる語は男性名詞、-ī で終わる語は女性名詞、-am で終わる語は中性名詞です。

電話はドゥーラ・バーシャニー(dūra-bhāṣaṇī)、またはドゥーラ・ヴァーニー(dūra-vāṇī)で、「遠くの声を伝える女」。
ラジオはアーカーシャ・ヴァーニー(ākāśa-vāṇī)で「虚空の声を伝える女」。
カメラはチトラ・グラーヒニー(citra-grāhiṇī)で「絵を捕える女」。
時計はガティー(ghaṭī)で「時を刻む女」。
乗物関係では、バイク(自転車またはモーターバイク)がドウィ・チャクリカー(dvi-cakrikā)で「二輪の女」。リキシャはトリ・チャクリカー(tri-cakrikā)「三輪の女」。実用品は女性名詞が圧倒的に多いようですが——
バスはローカ・ヤーナン(loka-yānam)。ヤーナンは大乗仏教(マハーヤーナ)、小乗仏教(ヒーナヤーナ)などというときの「乗」で、「地上の乗物」。
列車はサンヤーナン(saṃyānam)で「みんないっしょの乗物」ですが、レーラ・ヤーナン(rela-yānam)とも云います。レーラは英語の rail をサンスクリットっぽくした形で「レールの乗物」。
自動車はカール・ヤーナン(kār-yānam)。カールは英語の car のインド訛りで「カーの乗物」。
家庭用品では、ガスコンロがアニラ・チュッリー(anila-cullī)「風のかまど♀」。冷蔵庫シータカン(śītakam)「冷たきもの」。洗濯機クシャーラナ・ヤントラン(kṣālana-yantram)は、文字どおり「洗濯機械」。
消火器はアグニ・シャーマカハ(agni-śāmakaḥ)で「火を鎮める男」。ようやく男性名詞が出てきました。頼りになる火消しのニイさん、の雰囲気でしょうか。しかし、消防車はアグニ・シャーマカ・ヤントラン(agni-śāmaka-yantram)「鎮火装置」で、中性名詞です。
サンスクリットの現代用語をいちいち挙げていればキリがないので、このへんで止めておきますが、最後にひとつ、エア・インディアのスッチーが乗客を迎える言葉から——。

「Welcome to our Vimāna(わたしたちのヴィマーナにようこそ♥)」
ヴィマーナはそれこそ、ヴェーダにさかのぼる古い古い言葉。
vi(否定)-māna(考慮)で、「信じられない!(♂またはオカマ)」。
叙事詩やプラーナ文献には、現代人であれば UFO と呼ぶであろう「ヴィマーナ(な飛行物体)」が、しかし、その形状やメカについて、やけにリアルに描かれています。それをみると、まさしく UFO のそれであるにちがいない。古代の超テクノロジーは実在したのか、という思いに捕らわれてしまうのです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR