FC2ブログ

バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

【チャンダナ candana चन्दन】ちょこっとサンスクリット語



以前、バリ島の「生命の樹」ないしは「死者の樹」のことをお話しました。
http://itotakeshi.blog33.fc2.com/blog-entry-88.html?sp
樹の下に遺体が安置されます。“タルムニャン”がその樹の名前。「芳しき樹」の意です。しかし、樹からはなんの香りもしません。が、遺体もまた臭わないのです。
樹は、腐敗菌の活動を極限にまで抑える特別の揮発物質を放出しているのでしょう。死者は、樹から降りそそぐ、いわば無臭の香りのシャワーをしずしずと浴びながら、いったんミイラ化し、その後ゆっくりゆっくりと分解して、地中に沁み入り、根に吸い上げられて、生命の樹との冥合(みょうごう)を果たすのです。
何千年も閲(けみ)したような大樹。根はタコの足のごとく幾本にも分岐して地に張り、天を覆う葉は多くは先のとがった楕円形をしているが、長い葉柄に対生の葉が茂った違う形の葉もある。何の樹なのでしょう? 複数の樹木が絡みあっているようにも見えます。
多くの人がブログでこの樹を語っているが、その正体については沈黙している。植物学者が現地に入って調査しないかぎり、はっきりしたことは云えないでしょう。
しかし、もしかしたら、ビャクダン(白檀)、あるいは20種類以上あるというビャクダンの仲間かもしれない。わたしは、インドの香料のことを調べていて、そう思うようになりました。写真で見るビャクダンの楕円形の葉の形とタルムニャンのそれは一致している。
そして、ビャクダンは単一の生命体ではない。半寄生性といって、発芽後一年くらいは自力で成長するが、その後は他の樹木に寄生して、その養分を頂戴しながら成長する。すなわちビャクダンは、初めから他の生命と冥合している——

ビャクダン。梵名はチャンダナ(candana)。√cand(輝く/喜ばせる)にもとづく語で「喜ばせるもの/爽快にさせるもの」の意。「月」をあらわすチャンドラ(candra)は同語源です。
チャンダナが漢字で写されて「栴檀」(チャンダン)。日本に伝えられて「センダン」と読まれるようになりました。「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」というときの栴檀は、センダン科のセンダンではなく、ビャクダンのことです。しかし、ビャクダンが香るのは心材だけで、葉や樹そのものはほとんど何の香りもしません。そう、タルムニャンのごとく。
ビャクダンは、バリ島を含むインドネシアの小スンダ列島が原産地ですが、数千年前のヴェーダ時代にすでにインドに移入され、さまざまな目的で利用されてきました。
まずは、香料、香油、線香として。その甘い高貴な香りについては、云うまでもありません。
堅く緻密な木は、仏像や神像などの彫り物、家具や数珠などの材として。
木片は、祭火の供物として、また荼毘(だび)の薪として。
その精油やペーストは、薬種として。ビャクダンは「冷却作用」がいちじるしく、アーユルヴェーダのさまざまな薬剤に処方されます。内科医典の『チャラカ本集』には、補血(varṇya)、痒み止め(kaṇḍū-ghna)、解毒(viṣa-ghna)、渇き止め(tṛṣṇā-nigraha)、灼熱感解消(dāha-praśamana)としての記述が見られます。
ビャクダンのインドでの主産地は、マラヤ(西ガーツ山脈)。ゆえにマラヤジャ(Malayaja;マラヤに産するもの)の異名をとります。しかし、成長が遅いことと、前述の奇妙な生態のため、栽培はけっこう難しいらしい。

先日、ハタ・ヨーガの開祖ゴーラクシャの故郷とされるネパールのゴルカ村を訪ねたとき、ビャクダンがかなり繁茂していることに気づきました。ひょっとしたら、ゴーラクシャ自身が植えた木の子孫なのかもしれない。
行者は、ビャクダンのペーストで、額にヴィシュヌ派であればU字型の、シヴァ派であれば漢字の「三」のしるしを描く。心を鎮静化させ、アージュニャー・チャクラを活性化すると云われています。また、体のなかのもうひとつのカラダ、微細身(sūkṣma-śarīra)はビャクダンの香りがするとも聞きます。ビャクダンは、ハタ・ヨーガとも縁のある薫香なのです。
ヨーガのさいには、ビャクダンの香を焚き、その香りを深々と吸いいれて身体にめぐらし、微細身に集中するのもよいかもしれません。ただし、現在売られているインド線香のほとんどは、香りが酷似した化学物質を香料として用いているので、ご注意を。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR