FC2ブログ

バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

【ちょこっとサンスクリット語】プージャー pūjā पूजा





プージャーは、太古のヴェーダ儀礼とは異なるヒンドゥー教の礼拝法で、「供養」と漢訳されます。でも供養だと、「先祖供養」とか「水子供養」みたいな言葉が浮かんできて、イメージがちょっとつかみにくいかもしれません。pūjāは√pūj(もてなす)が女性名詞化した語で、「[神の]おもてなし」。

女性名詞と書きましたが、ここがちょっとキモ。なぜなら、ヤジュニャ(yajña<√yaj祭る)と称されるヴェーダの供犠は、男性名詞ですから。ヤジュニャとプージャーには、たしかに男と女の違いが表れているようです。

ヤジュニャでは、供物を祭火に投じます。供物は火に焼かれ煙に乗って、はるか天界(高次元)の神々に届けられます。このとき屋根がじゃまになりますから、通常は屋外で行なわれます。ヴェーダの祭壇は、ヤジュニャのたびに造られ、それが終わると解体されました。

対するプージャーは、神をお招きして、

――尊いゲストとしておもてなしする

という女の子の「おままごと」めいた神事です(“プージャ”って書いてるひとが多いけど、語尾を長く伸ばさないと女性名詞になりません)。

「おままごと」ですから、「おうち」が大事になります。ヴェーダ時代にはなかった「寺院」(mandira)も「偶像」(mūrti)も、プージャーのために作られるようになりました。そして――

「神」(形なき霊)を、寺院の「神体」(本尊、偶像)のなかにお招きし、

足を洗う水、口をゆすぐ水、甘露水(蜂蜜ラッシー)で歓迎し、

沐浴していただき、身につける衣服・装身具・塗香を捧げ、

花を献じ、香を焚き、火を灯し、歌やダンスを楽しんでいただき、

食事を供する。神に、この「おもてなしフルコース」に満足して、お帰りいただく。

神が[香りだけを]召し上がった食事は、礼拝者へのプラサーダ(恩寵)となる。

それがプージャーです。



やがて、プージャーは、抽象化されます。

神を迎える「おうち」としての寺院は、マンダラやヤントラによって象徴されるようになります。マンダラ/ヤントラは、寺院の平面図をデザイン化したものなのです。

そして、マンダラやヤントラを観想し、そのなかにおわします神を、種字やシンボルとして観じ、花や食事を捧げる――などの礼拝行為をも、マントラや手印(hasta-mudrā)を介して、想う。

そういう瞑想が生まれました。さらに、粗大(具体的なもの)よりも微細(抽象的なもの)を高級とするインド人の発想にしたがい、

――このイメージ瞑想を行なうことは、じっさいに寺院を詣でる以上の功徳を積む。

と考えられるようになっていきます。



究極のプージャーは、マンダラやヤントラをおのれの身体にインストールし、わが身を寺院と化して神をお迎えし、おもてなしすること。これは「内なるプージャー」(antaḥ-pūjā)、「内的供犠」(antar-yāga)などと称され、チャクラはそのための神の座として発想されました。

この場合、身体のさまざまな生理作用が、おもてなしのアイテムとなります。

蓮華の蕾のごとき形をした心臓は、カマラ(紅蓮華)の献花。

ドッ、ドッとその心臓の打ちならすビートを神に捧げる音楽にする。

心臓をつつむ丈夫な組織(心膜)は、絢爛豪華な錦の衣。

心の移ろいは、神の前で舞いおどる霊妙なダンス。

体の恒(つね)なる温もりは、消えることなき灯明。

そして、脳髄からしたたる甘露(アムリタ、脳内麻薬)を食事として召し上がっていただく。

密教またはタントラのヨーガは、こうして、プージャーとともに生まれ、成長しました。タントラ文献では、内なるプージャーをして、“ラージャ・ヨーガ”と呼ぶことが多いようです。



内なるプージャーの観想には、身体技法がともないます。

たとえば、神の座に集中するのであれば、その部位にプラーナを封じる(ムドラー)。甘露を得やすくするために、なんらかのポーズを行なう(アーサナ)。

ハタ・ヨーガは、こうした内なるプージャーから抽出されたものといえるでしょう。



伊藤武




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR