FC2ブログ

バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

コラム【モーダカ、歓喜団あれこれ】



「聖天(しょうてん)さまに捧げる歓喜団は、インドのモーダカと同じものなのでしょうか?」
京都で、真言のお坊さんから、そんな質問をいただきました。「歓喜団」なるお菓子とともに。
聖天は、象の頭をしたガネーシャ神の日本での名。歓喜天(かんぎてん)とも称される彼の大好物が歓喜団。密教寺院では、同名の菓子が聖天への特別の供物とされています。そして、モーダカは、歓喜団の原形とされるインドのお菓子で、やはりガネーシャ神に捧げられます。
京都では、その歓喜団が、千数百年前からほとんど姿を変えていない唐菓子(からくだもの)のひとつとして、ふつうに市販されているのです。唐菓子は、遣唐使船に載ってやってきた文字どおりの「唐の菓子」で、和菓子の原形ともいわれています。
歓喜団――正式名「清浄歓喜団」は小さなものなのですが、立派な箱に入っていて、「ありがたオーラ」を放っています。家に帰って、ガネーシャのマントラを誦え、高い茶……は無理でも、茶をていねいに淹れて、いただきました。
小豆のアンコを米粉の皮でキンチャク型につつみ、胡麻油で固く揚げた古代の菓子。アンコには、7種の薬――白檀、シナモン、カルダモン、クローブなど、いわば「天竺の香り」が練りこまれています。奈良が都であったころ、やんごとなき方々は、そのエキゾチックな香りに、香木がしげり、花咲きみだれ、霊鳥が「若空無我常楽我浄」(にゃく・くう・むが、じょう・らく・が・じょう)とうたう西方の仏國土をしみじみと思い泛かべたことでしょう。
以下は、冒頭の問いの答えを兼ねた、モーダカと歓喜団の比較論です。

まず名前。モーダカ(modaka)は、√mud(喜ぶ)の派生語ですから、「歓喜団」は適切な訳といえます。
現在のインドでは、モーダカは、ムンバイを州都とするマハーラシュトラと南インドでよく作られています。
ココナッツと椰子糖のアンコを米粉の皮でティアドロップ型につつみ、蒸したものが一般的。ココナッツと椰子糖と米粉および若干のスパイス――というシンプルな組み合わせは古代からほとんど変わっていないと思いますが、多くのバリエーションもあります。皮は米粉のほか小麦粉でも作られるし、蒸すだけではなく、歓喜団同様に油で揚げたりもします。
日本の歓喜団のアンコが小豆になったのは江戸時代のことで、それ以前は栗、干した柿や杏(あんず)などの木の実を、甘草(かんぞう)や甘葛(あまずら)で甘味をつけ、薬で香りをつけたものであったとか。
中央アジアを通って唐に入ったモーダカには、アーモンド、松の実、クルミなどのナッツ類、デーツ、アンズ、イチジク、ブドウなどのドライフルーツが使われていたことでしょう。フルーツ類が十分甘いので砂糖を加える必要はないが、インド起源のものであればスパイスまたはアーユルヴェーダの薬物も混ざっていたと考えるべきです。
そのアンコを、おそらくは小麦の皮でキンチャク型につつんで、油で揚げたものが歓喜団の原形と思われます。油で揚げるのは、インドでは、それによって食物が浄化され、神仏に捧げるに適したものになる、と考えられていたからです。
キンチャク型は、砂金の袋を表しています。モーダカのティアドロップ型は、ラトナ(宝石)をあらわすインドの伝統的な形ですから、モーダカと歓喜団は、形の意味するところも合致しています。
歓喜をもたらす甘美な菓子で、縁起物。しかし、その「歓喜」には、
――薬物によって得られる陶酔
のニュアンスも籠められているにちがいない。というのは、アーユルヴェーダにも、“モーダカ”と呼ばれる薬剤があるからです。この場合は皮なしのアンコだけといった感じ。生薬を、粗糖の粘性を利用して、団子状にまるめます。
わたしは、インドの田舎の薬局で求めた強壮剤としてのモーダカを食べて、いい気分になった経験があります。もっと、具体的にいえばラリる。トリップする。のちに、アーユルヴェーダ薬剤の昔風のレシピには大麻がよく用いられている、ということを知りました。今でいう「医療大麻」です。
また、象使いから、象に大麻と粗糖でつくった大きなモーダカを与える、ということも教えてもらいました。象はこれにより機嫌がよくなり、象使いの命じることに素直にしたがうようになります(今回の「ちょこっとサンスクリット」を参照)。ガネーシャの大好物のモーダカは、彼をハイにし、その荒ぶる力を制御するためのものでもあったのです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR