バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

ちょこっとサンスクリット語【マルマン marman मर्मन्】

ちょこっとサンスクリット語【マルマン marman मर्मन्】

マルマ(サンスクリットでは“マルマン”)という語も、アーユルヴェーダ関係者のあいだでは、よく知られるようになりました。インドにおいても……。
そう、インドにおいても。
というのは、ほとんどのインド人にとって“マルマ”は、仏教と同様に、とうの昔に忘れ去られた知識であるからです。中世のムスリムとの果てない闘争のうちに、失伝してしまったのです。現在、アーユルヴェーダの主流は内科の「チャラカ医学」ですが、そこでは外科に属するマルマを学ぶことはありません。
しかし、インド人は、ヨーガと同様に、逆輸入されるかたちでマルマを知った。
それが、中国のツボ・ポイント(経穴)に似ていることを知った。
アキュパンチャー(鍼灸術)は、国際的な評価がひじょうに高い。ならば、マルマも金になる、と察した。
というわけで、最近のインドでは、マルマの専門家が続出し、マルマ本も数多く出版されるようになりました。が、残念ながら、邦訳されているものも含め、それらのほとんどは中国のツボの理論を借用したもので、古代のマルマとは別ものです。
真のマルマを伝えているのは、外科の「スシュルタ医学」にもとづく医療を行なうケーララのカラリ医師と、錬金術的な「シッダ医学」にもとづくタミルのシッダ医師のみ。しかし、カラリ医師のほとんどは身分的にはシュードラであるナイル族であるため、高カーストのアーユルヴェーダ医は立場上、学ぶことができない。シッダ医師は秘密主義に徹している。
英語の本もたくさん出ているアキュパンチャーに学ぶしかなかったのです。
以下に、“マルマン”の意味と用法、定義などを、備忘録的にしるしてみましょう。

マルマン(marman)は、√mṛ(死ぬ)という語根を名詞化したかたちで、原義は「死」そのもの。一般的には、「心臓や脳や肝臓などのダメージを受けると即死にいたる臓器、急所」、転じて「秘密、ものごとの核心、神秘、真実」の意で用いられます。
この語の初出は、最古の『リグ・ヴェーダ』。神々の王インドラは、魔神ヴリトラと戦い、そのマルマンにヴァジュラを投げつけて敵を屠った、とあります。
その後、“マルマン”はヴェーダ文献や叙事詩に頻繁に登場します。これはインド初期の武術家たちが、マルマンの攻撃と防御を修行していたことを物語っています。
現存する古代の武術文献にマルマンにたいする専門的な記述は見当たりませんが、同時期の医学文献『スシュルタ本集』に系統的なマルマンの知識が記載されています。スシュルタは“マルマン”を、
「筋肉・脈管・靭帯・骨・関節(māṃsa-sirā-snāyu-asthi-sandhi)に存在する、プラーナが(
prāṇaḥ)特別なかたちで(viśeṣeṇa)依って立つ(tiṣṭhanti)処」
と定義し、107のマルマンを説明します。それらは、損傷すると、
「即死するもの(sadyaḥ-prāṇahara)、近いうちに死にいたるもの(kālāntara-prāṇahara)、矢などの突き刺さった物を抜くと死にいたるもの(viśalyaghna)、身体障害になるもの(vaikalyakara)、激痛を発するもの(rujakar)」
の5種に分類されます。
これを見ると、スシュルタのいう“マルマン”は、当時の解剖学的知見を集約した、人体の、文字どおりのマルマン(肝心かなめの知識)であることがわかります。
たとえば、「脈管のマルマン」のフリダヤ(心臓)、ニーラー(頸動脈)、ウールウィ(上腕動脈および大腿動脈)は、いずれも出血多量が原因で死にいたる急所。アパラーパ(脇窩)には血管に沿って複雑な神経叢があるため、今日の外科手術でもメスを入れるのは危険な場所とされています。
そうした「プラーナが依って立つマルマン」の知識は、前記した特殊な医学やヨーガを生み出しました。しかし、これも前述したとおり、極度の秘密主義ゆえ、真伝はほとんど知られていません。
今回の満月通信「サンスクリットで鍼灸を」も、あわせてお読みください。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR