バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

【ちょこっとサンスクリット】シャリーラ śarīra शरीर




日に日に秋めいてまいります。米に代表される実りの秋の到来です。
おコメのことをシャリといったりします。これは、仏舎利(ぶっしゃり)に由来する言葉とされています。
すなわち、涅槃に入られたおシャカさまの遺体は荼毘(だび)に付され、その遺骨は細かく、そう、米粒大に砕かれて、仏教の伝播とともに各地に運ばれ、それを納める仏塔が築かれました。

さて、舎利は、「身体」を意味するサンスクリットの“シャリーラ”の音訳。ヨーガ文献には、「身体」をあらわす語として、タヌ(tanu)、カーヤ(kāya)、デーハ(deha)もよく出てきますが、それぞれニュアンスが異なります。そして、最初期の『リグ・ヴェーダ』から使われてきた、いちばん古い言葉がシャリーラです。
√śṝ(殺す/壊す)を語根とするこの語は、「死にゆくもの / 壊れゆくもの」が原意で、「肉体」や「死体」をさすことが多いようです。
また、人の体が多くの骨からなることから、複数形のシャリーラーニ(śarīrāṇi)はしばしば「骨」の意味でも用いられます。「仏舎利」というときのシャリは、この複数形のほうでしょう。
ヨーガの「屍体のポーズ」を“シャヴァ・アーサナ”といいますが、このシャヴァ(śava)もシャリーラに関連する言葉です。ヴェーダ文献に「プラーナが去ると(死ぬと)、シャリーラは膨らむ(śvayati)」とあり、√śvi(膨らむ)という語根からśava(死体)という名詞が造られたことがうかがわれます。
ヨーガでは、ストゥーラ・シャリーラ(sthūla-śarīra;粗大身)、スークシュマ・シャリーラ(sūkṣma-śarīra;微細身)という語もよく使われますが、いずれにせよシャリーラは死んだ、あるいはやがては滅びる「はかなき身体」をさしているようです。
対して、“タヌ”は、“タントラ”(tantra)と同語根の√tan(広がる/拡げる)に派生する、血の通った、生命の充満する「喜ばしい身体」を意味します。

いっぽう、“カーヤ”の語根は、√ci(集まる)。ciがいかにしてkāyaになるかについては複雑な説明を要するため、ここでは省略させていただきます。
ともあれ、血や肉や骨や、心や魂などの「集合体としての身体」がカーヤ。肉体というより、もっと広い意味での「存在、ありかた」をさす場合には、この語を用います。
大乗仏教では、仏の3種類の身のあり方をトリカーヤ(tri-kāya;「三身」)といいます。
すなわち、大日如来のごとき宇宙の真理そのものとしてのダルマ・カーヤ(dharma-kāya;「法身」)。
阿弥陀仏のごとき修行して成仏したサンボーガ・カーヤ(saṃbhoga-kāya;「報身」)。
おシャカさまのごとき人間のブッダとしてこの世に現われるニルマーナ・カーヤ(nirmāṇa-kāya;「応身」)。
タントラ時代には、ヴァジュラ・カーヤ(vajra-kāya;「金剛身」)やサハジャ・カーヤ(sahaja-kāya;「倶生身」)といった永遠不滅のカーヤも発想されました。
具体的なシャリーラに比べると「抽象的な身体」です。

“デーハ”は、√dih(塗る)が語根。「カルマに塗(まみ)れた身体」のニュアンスで、グプタ時代以降の哲学で多用される比較的新しい言葉です。
デーヒン(dehin;「デーハを有するもの」すなわち個々の魂)という語と対で用いられます。

        ※

おシャカさまのシャリーラーニがいかに貴いものであるにしても、それを口に入れるおコメのたとえにするというのは、ちょっと異様な感じもしないではありません。
じつは、サンスクリットには、米そのものを表わすシャーリ(śāli)という言葉のあることもつけ加えておきます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR