バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

【ちょこっとサンスクリット】ニルワーチャナ nirvācana



インド最後の仏教王国、パーラ朝。8世紀後半から12世紀後半の約400年にわたって、ベンガルとビハールを中心とする東インドを支配した王朝です。
後期密教(仏教タントラ)が興ったのも、「84人のシッダ(成就者)」が活躍したのも、そしてシッダのひとりのゴーラクシャがハタ・ヨーガを大成したのも、この王国内でのことでした。
ジャワのボロブドゥールやカンボジアのアンコール・ワットの手本となったピラミッド型の寺院を最初に建立したのも、この王国でした。
そんなこともあり、パーラ朝のことをあれこれ調べていたのですが、いちばん意外に思ったことは、この王朝の初祖ゴーパーラが、武力によって王位を得たのではなく、
——公式な選挙によって、王に選出された。
ということです。
8世紀、ベンガル地方は、群雄の割拠する無政府状態にありました。それでは、他国と商取引ができない。だいいち、いつ戦争にまきこまれて命を落とすことになっても不思議はない。ということで、ベンガルの名士たちが集い、群雄のいずれかを正式な王に据えるための選挙を実施したのです。
選ばれたのがゴーパーラ。他の群雄たちも、おとなしくその結果にしたがい、ゴーパーラの臣下になった——と聞けば、ウソ、そんなことあり得ない、という気にもなりますが、インドにはヴェーダ時代から、選挙とその結果を尊ぶ伝統があったのです。
「選挙」にあたる梵語には、nir-√vac(名を告げる)に派生するニルワーチャナ(nirvācana)のほか、ニヨージャナ(niyojana;「指名」)、ヴァラナ(varaṇa;「選択」)などがあります。

「インドは民主主義の母国である」
アメリカの歴史家、ウィル・デュラントの言葉です。
インド最古の文献『リグ・ヴェーダ』は、君主制の国と民主制の国があったことを伝えています。
わたしは『リグ・ヴェーダ』の舞台はインダス文明であったと考えていますが、それが正しければ、インダスの都市国家には、その元首に君主(王)をいただくものと、民衆が権力を握るものの、2つの政治形態があったことになります。
「民主制」に相当する梵語は、サバー(sabhā;「輝ける者[の集まり]」)、サミティ(samiti;「ともに行く者[の集まり])など。前者には「
選挙によってサバーの座にすわる権利を与えられた者たちは、それゆえに輝いている」、後者には「国民が議会制民主主義にのっとり、ともに政治に携わる」というニュアンスが籠められています。
ポスト・ヴェーダ時代になると、民主制は、国家元首を国民から選ぶ共和制に移行します。君主制の国家に対抗するには、強力なリーダーが必要になる、ということでしょう。
「共和制」に相当する梵語は、ガナ(gaṇa)、サンガ(saṅgha)。ともに「多数、集団」が原意です。
ガナのリーダーは、ガナパティ(gaṇa-pati)またはガネーシャ(gaṇa-īśa)。象の頭をした同名の神は、「シヴァ神のガナ(眷属集団)のリーダー」。この名は彼のいわば役職名で、本名ではありません。
サンガは「僧伽」(そうが)と音訳され、その略が「僧」。つまり「僧」とは、もともとは共和制によっていとなまれる比丘(僧侶)集団をさす言葉だったのです。そもそも、ブッダの出自のシャカ国(Śākhyāḥ)が共和制でした。
ブッダの父シュッドーダナも、パーラ朝のゴーパーラ王同様、選挙によって選出された君主である、ということです。ブッダは、当時一般的であった政治形態を教団運営に転用したのでした。
こうした古代インドの民主制、共和制は、やがてマウリヤ朝、グプタ朝といった大帝国の出現によって潰えてしまいますが、村落レベルではいまだにその名残が見られます。

さて、今、日本の政治がキナ臭くなっています。しかし、日本の政治家が選挙によって選ばれた人たちであることを忘れてはなりません。選挙は、政治家ではない者が政治に携わることのできる唯一の機会です。
その選挙に行かなかった者、与党に投票した者には「共謀罪」をとやかく云う資格がありません。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR