バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

伊藤武ちょこっとサンスクリット 【パトラカ patraka पत्रक】


前回は、書物や図書館の話をしました。今回は、文字をしるす媒体について——といえば、「紙」ですが、インドで紙が大衆レベルにまで浸透するのは、ついつい最近の20世紀になってからのこと。
なにせ、トイレットペーパーも、洟(はな)をかむティッシュも無用のお国柄。ご存知のとおり、トイレは全手動式ウォシュレット、洟は手鼻でチン。いやいや、これは冗談ですが、わたしの知っている1980年代でも、小中学校の学童たちは紙のノートをもたず、各自が小さな黒板をだいて、それに字を書いていましたから。

インドでは、文字は当初、岩石や粘度板に刻まれました。つぎには獣皮や樹皮、布などに書きこまれるようになりました。
また特殊な例としては、永久保存を目的にしたのでしょう、金属板に陰刻されたものもあます。
しかし、インドで古代から中世にかけて一般に用いられたのはターラ・パトラ、すなわちオウギヤシ(tāla)その他ヤシ類の葉(patra)でした。
ヤシの若葉を刈り取り、陰干しする。平らになるように重しをかける。カビがつかないように燻す——などの下処置をしてから、必要とされる大きさに、上下左右を切断して長細い短冊(たんざく)形に加工し、紐(スートラ)を通して束ねるための孔があけられます。
書写には、南インドやスリランカでは鉄筆が、北インドでは筆と墨(煤を油と混ぜたもの)が用いられました。そして、鉄筆と筆の違いが、南北の書体の差となって現われました。ヤシの葉に鉄筆で彫りこむとき、長い水平線を彫り込むと割れてしまう。そのため、南方の文字は丸文字なのです。
ちなみにヤシの葉に記された文書の、現存する世界最古のものは、日本の法隆寺に伝えられた梵文の『般若心経』とされています。7、8世紀の書体で、墨で書かれています。
こうした文書は、ターラの音を写し「多羅葉」(たらよう)、パトラの音を写して「貝多羅」(ばいたら)と漢訳されました。音に意味を重ねて「貝葉」(ばいよう)ともよばれます。

では、中国で紀元前後に発明された紙が、インドでは何とよばれたかというと——
サンスクリットでは、パトラカ(patraka)。「葉(patra)のごときもの(ka)」の意。バラモンにとっては、紙はあくまでもヤシの葉の代用品だったのですね。
ヒンディー語では、カーガズ(kāgaz)。ペルシア語起源の言葉で、紙がムスリムによってもたらされたことを物語っています。
もっとも、英語のpaperがインド式に発音されたペーパールのほうが通りがよいかもしれません。これは、多くの人々にとって、紙といえば20世紀になって普及したヌーズペーパール(newspaper)、すなわち新聞だったことを表わしています。
公認の歴史では、インドに製紙技術が伝わるのは、ムスリムが北インドを席巻した13世紀以降とされていますが、7世紀にインドを旅した唐の使節、王玄策(おうげんさく)はカシミールで製紙を目撃しています(『中天竺国行記』)。
つまり、紙は早くに入ったが、広まることはなかった。
普及の遅れた理由は、バラモンにとって、紙は聖典を記すにふさわしくない「ケガレたもの」であったから。そのころの紙は、大麻や竹などの植物繊維のほかに、着古したボロ布を原料としていました。この種の紙はいまでも農村などで作られていますが、誰が着たかわからないような布を使ったような紙は、不浄きわまりない、ということになります。
13世紀以降も、インドの紙職人のほとんどがムスリムであったため、紙に細密画(ミニアチュール)が描かれることはあっても、聖典がしるされることはありませんでした。20世紀に、印刷本が写本に取って代わり、ようやく紙の聖典が現われるようになりました。してみると、“パトラカ”も、比較的最近になって造語されたサンスクリットかと思われます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR