バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】

チャンドラ Candra चन्द्र

月、チャンドラ。デーヴァナーガリーではचन्द्रと書きます。頭のच(チャ、ca)の字は、ペンをくるりんとめぐらせた、ローマ字のcのごとき弧が特徴。インドの古代の書体では、この字はまさにcそのもの。なにを表したものか……って、そう、お月様(三日月)を象形した文字がचなのです。
cand(輝く/喜ばせる)に所有をしめすraを添えて、candra。「輝きを放つもの/喜びを与えるもの」が原意。月はつねに太陽と比較されます。昼間の太陽の圧倒的な光に比べると、月は幽(かそけ)き光です。暑きインドの人びとは、月をことのほか愛でました。太陽がはっきりとしたフィジカルな肉体を表すのに対し、月はそれに秘められた精神的なもの、霊的なものを表すと考えられました。
昼間は労働の時間。対し、夜間はお楽しみ……男女の逢瀬の時間。月の神様(インドの月神は男性です)には27、もしくは28人の妻がいて、彼は毎夜ことなる妻のもとに通うとされています。いわゆる星宿(nakṣatra、नक्षत्र)ですが、たしかに月は♂♀の生殖活動をうながすエッチな天体でもあります。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR