バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

伊藤武ちょこっとサンスクリット【ダーニヤー dhānyā धान्या】

ドクダミとカメムシを混ぜ合わせたような強烈な臭い。
香菜(コリアンダーの葉っぱ)は、タイ語の“パクチー”の名で今ではすっかりお馴染みになりましたが、20世紀にアジアを旅した日本人にとって、避けては通れぬカルチュアショックの〈におい〉でした。
ナンプラーとニンニクとパクチーがねっとりとまつわりついてくるタイの〈におい〉、カレーとダールとハリ・ダーニヤー(香菜)が灼熱に炙られるインドの〈におい〉、カバーブとヨーグルトとクズバラ(香菜)がアザーン(大音響で流される礼拝への呼びかけ)とともに沁みこんでくるアラブの〈におい〉……安宿に棲みつくナンキンムシを潰したときに嗅ぐ痒い痒い〈におい〉にも似ています。
旅のベテランでも「なんでも食べられるが香菜だけはダメ」という人が多いのですが、幸いわたしはすぐに慣れました。いったん馴染むとなんにでも、こいつを入れたくなってしまいます。アクのつよさが心の襞に染みついて離れぬうまさに変わります。カレーの仕上げに香菜を振りかけないと、
インドカレー独特の風味が出ない。ラーメンにも香菜が入っていないと、面白みがない。

香菜は、サンスクリットではダーニヤー(dhānyā)。注意していただきたいのは、語尾が「ヤー」と長母音になっていること。短くダーニヤだと、別のものになってしまいます。
ダーニヤ、そしてダーニヤーは、√dhā(置く/据える)に派生する語で、「食の中心に据えられたもの」。
中性名詞のダーニヤ(dhānyam)は、主食である「穀物」をさします。dhānya-rājaḥ(穀物の王)といえば、ヴェーダ時代の主食のオオムギ、dhānya-uttamaḥ(最上の穀物)となればコメ。
また、ダーニヤの前に芒(のぎ)をあらわすシューカをつけてśūka-dhānyamとすれば、コメやムギなどのイネ科の穀物。莢(さや)
をあらわすシャーミをつけてśāmi-dhānyamとすれば、豆類の意味になります。
コリアンダーのことを“ダーニヤ”と云わないこともないのですが、その場合は「種子」(bīja)に限定されます。コリアンダーの種子は、葉からは想像もつかない甘いオレンジ畑の匂い。じっくり煮込むタイプのカレーをつくるときは、他のスパイスとともにひき潰したコリアンダーの種子をたっぷりと加えます。すると、タマネギと結びついて、うまみととろみになるのです。
けれども、葉っぱをいうときは、女性名詞の“ダーニヤー”にしなければなりません。「緑」をあらわすハリを冠して、hari-dhānyāと呼ぶこともあります。
植物をあらわす名詞は、木は男性、草は女性、花や種子や果実は中性が原則です。木であっても、その葉をしめすときは、女性になります。
ここらへんのセンスはなかなかわかりづらいのですが、ヒマラヤ(Himālayaḥ)などの山の名のほとんど(例外もある)が男性、ガンガー(Gaṅgā)などの川の名のほとんどが女性であることを考えると——
動かないものが男性で、動くものが女性。草や葉は風に吹かれて動くから女性、木は動かないから男性ということなのでしょう。

コリアンダーは、地中海地方が原産のセリ科植物ですが、考古学的遺物から、インダス文明時代にすでにインドに入っていたと考えられます。
そして、コリアンダーが、サンスクリットで穀物や豆とともに「食の中心に据えられたもの」とよばれて、主食扱いされてきたことが興味深い。
最近、日本でも、デトックス効果や老化防止効果など香菜の薬効が云々(うんぬん)されるようになりましたが、古代インド人は、
そんなこと経験的に知っていたのでしょうね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR