バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Entries

スワスティカ svastika स्विस्तक【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】


ナマステー。
「あなたに(te)礼拝(namas)」という意味のサンスクリット語です。しかし、もともとはプージャーのさいに、神に呼びかける言葉でした。
「あなた」に相当する二人称——面と向かった相手をさす代名詞の使用は、けっこう難しい。言葉とはせんじ詰めれば言霊(ことだま)ですから、二人称ではっきり相手を限定すると、それはその者になんらかの呪(じゅ)をかけることになってしまうからです。
日本語でも、「あなた」「きみ」と呼ぶ相手は、近しい人間に限られます。「おまえ」「きさま」は、漢字で書けば「御前」「貴様」ですから、もともとは丁寧な二人称だったのでしょうが、いまではヘタに使えばケンカものです。
日本では、直接の話し相手でも、「〜さん」と名前で呼ぶことがふつうです。サラリーマンであれば、「シャチョー」「カチョー」「ブチョー」と役職名もよく使われます。肉親であっても、「じいちゃん」「ばあちゃん」「とうちゃん」「かあちゃん」で、祖父母や両親を「あなた」と呼ぶ人はほとんどいないでしょう。
英語の you も、正しくは二人称複数の「あなたがた」。単数で
thou(あなた)というと、ピントが合いすぎて困ることがあるからです。だから、相手が一人であっても「あなたがた」とソフトフォーカスする。「汝」と訳されるthouは、神をさす場合に限定されています。
こうした事情はインドも同じ。神であれば、バクティ(信愛)という呪をかけるにふさわしい。人に対しナマステーというときは、「汝のなかにおわします神に礼拝します」というニュアンスになります。

ナマステー以前から用いられていた挨拶語に、スワスティ(svasti)があります。
svasti は、分解すれば、su-√as-ti(u は母音の a の前では、u の半母音である v に変わる)。
サンスクリットの単語の頭がsu-であれば、それは、「素晴らしい」のス、とご記憶ください。スカニャーであれば「素晴らしい娘(kanyā)」。スガンダであれば「素晴らしい香り(gandha)」で、香り米(かおりまい)やホーリーバジルをさします。
√as は、英語の is に相当する「在る、〜である」という意味の語根。
ti は、三人称の「彼/彼女/それ」。
つまり、スワスティは、直訳すれば「彼/彼女/それは、良く在る」ですが、誰に対しても「お幸せに」のニュアンスで用いることができます。
ちなみに「おはようございます」は、プラータハ・スワスティ(prātaḥ は「朝/夜明け」)。
スワスティは、インドでは最近はほとんど使われていないようですが、バリ島ではいまでも、オーン・スワスティ・アストゥ(oṃ svasti
astu)というサンスクリットそのままのバリ語(インドネシア語とは異なる)で用いられています。最後の astu
は、「〜であれ」という命令をあらわす語形ですから、「なにがなんでも、絶対に幸福であれ!」。
タイの挨拶語のサワディー(sawadii)も、svasti のタイ訛り sawati の最後の ti をタイ語の
dii(「良い」)に変えたもので、「良き幸福にありますように!」。

スワスティという言葉を形であらわしたものが、卐または卍のスワスティカ(svastika)。スワスティカのカは「〜のごときもの」。つまり、「幸福をつくりだすもの」「吉祥なるサイン/吉兆」を意味するスワスティカは、インダス文明時代から用いられてきました。
スワスティカは、一日一年という時間の周期をつくり出す太陽の回転の視覚的的表現でもあります。 卐であれば、右旋ですから、東→南→西→北の北半球の円運動。
バリのような南半球では東→北→西→南の左旋で卍。
また、ともに、日の出→午→日没→深夜、春分点→夏至→秋分点→冬至を示しています。
そういうものとして、卐、卍は、すべての大宇宙・小世界のサイクルを表わすための記号、全宇宙のダイナミクスと完全性の表示とされています。そして、スワスティカは、太陽のシンボルであるため、つねに金や黄や赤の「お陽さまカラー」で描かれます。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.09/18 23:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR