FC2ブログ

バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Category [サンスクリット語 ] 記事一覧

ちょこっとサンスクリット語【ミーナ mīna मीन 】

ミーナは魚。魚はタミル語でもmīnaですから、ドラヴィダ語からの借用語かもしれません。マツィヤ(matsya)としての魚はすでに見ました。http://itotakeshi.blog33.fc2.com/blog-entry-131.htmlざっとおさらいすると——matsyaは日本語の酒菜(さかな)と同じで、「酒の肴」が原意。ヴェーダ時代には魚が好まれていた。文字どおり「酒のサカナ」としても。魚醤(しおから)のようなものすらあった。それを裏づけるように、サンスクリ...

【ソーハン so’ham सोऽहम् 】ちょこっとサンスクリット

2020年、令和2年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。いただいた年賀状のなかに、「so’hamマントラのソー(saḥ;彼)とハン(aham;我)は、それぞれ誰を指しているのでしょう?」というご質問がありました。この場を借りて、お答えします。インド哲学の原点であるウパニシャッド聖典群には、簡潔な祈念の詩やストーリーとともに、そこに述べられる思想を要約する大文句(mahāvākya;一種のマントラ)...

【マナス manas मनस्】ちょこっとサンスクリット

歩きスマホ、自転車スマホ、映画館スマホ、飲み会スマホ、電車のホームから転げ落ちてもスマホ、きっと天国の階段をのぼるときもスマホ、スマホスマホスマホスマ……スマホは、たった十年ほどで、人間界の様相をすっかり変えてしまいました。ヒトはヒマさえあれば、いやヒマがなくてもスマホを覗いています。そうしないと落ち着かないのです。中毒といってよい。では、ヒトはなぜ、スマホのとりこになってしまったのでしょう。心の為...

タントラ tantra तन्त्र】ちょこっとサンスクリット

仏教の開祖シャカは、『ギーター』を説くクリシュナは、『ヨーガ・スートラ』のパタンジャリは、いずれも人間が生得的にもつ欲望を、カルマと輪廻(世界)の因とみました。欲望を滅して、身体への執着を離れ、正しく修行することによって解脱が成る、と教えました。ところが、それに異議申し立てをしたのが、密教またはタントラ。欲望・身体・世界を否定する必要はない。われらは、この身のままで、神/仏に生(な)ることができるのだ...

【ヴァーストゥ vāstu वास्तु】ちょこっとサンスクリット語

前回は、インドの石造寺院(devālaya)について記しました。今回はそのつづき、寺院コンセプトの核となるヴァーストゥ、またはヴァーストゥ・プルシャについて——ヴァーストゥ(vāstu)は「在る、住む、宿る、留まる」を意味する語根√ vas の派生語。サンスクリットでは長母音と短母音を厳密に区別しなければなりませんが、短く“ヴァストゥ”と発音すれば、これは「物、地球に籍を置くすべての物体」の意味となります。“ヴァーストゥ...

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR