バン・ボーラ!──伊藤武のなまけブログ

作家・伊藤武かきおろしーーーーー満月通信のコラム

Category [満月通信 ] 記事一覧

苦しいときのオイル頼み【コラム】

「頭の毛が寂しくなってきたら、ココナッツ油でトウガラシを煮て、それを塗っておけば、またふさふさしてくる……」 拙著『身体にやさしいインド』(1994年)よりインドでは、何でもオイル。冬に冷たい川で沐浴するときも体にオイルを塗るし、マッサージはもちろんオイルまみれ。ヨーガや武術の道場を覗いても、オイルを塗りたくっています。怪我をしてもオイル。病気もオイル。健康維持にもオイル。鼻にオイル。目にオイル。ヘソに...

【コラム】アーサナの怪

2千年前に成立したインドの説話集『パンチャ・タントラ』にこんな譚があります。ある池で、1匹の亀と2羽のハンサ(鵞鳥)が友だちになった。彼らは仲よく、楽しく暮らした。ある年、旱魃(かんばつ)に襲われた。池も川も干上がり、多くの動物が死んでいった。亀とハンサは、はるか遠くにある水を満々と張った湖に、空を飛んで引っ越しすることにした。1本の棒の両端を両ハンサが嘴(くちばし)でくわえ、棒の中ほどを亀がしっ...

【コラム】ガタスタ・ヨーガ

【コラム】ガタスタ・ヨーガ前回につづき『ゲーランダ・サンヒター』についてお話しさせていただきます。『ゲーランダ』は、1700年ごろ、ベンガルでつくられたハタ・ヨーガ文献。作者については、ヴィシュヌ教徒であった、という以外なにも知られていません。しかし、わたしは、解読を進めた結果、彼はバウル、ないしはバウルに近しい人であった、と考えるようになりました。バウルについては↓http://itotakeshi.blog33.fc2.com/blog-...

【コラム】「ゲーランダ・サンヒター講座」が始まります

YAJ定期講座、4月から『ゲーランダ・サンヒター』がスタートします。『ゲーランダ』は、いうまでもなく「ハタ・ヨーガ三大古典」のひとつ。わたしは、といえば、サンスクリットからの訳を終え、読み解き、講座の準備を進めているのですが……。とまどっています。サンスクリットの文と言葉使いからは、いろんなことが見えてきます……作者の気持ちとか、時代背景とか。なにより、テキストが若い。まるでつい最近書かれたみたいに。ナマ...

コラム【パスポート】

「イトウタケシさんですか?」30年ほど前、外務省から電話がありました。「は、はい」「ホンモノ?」「はあ?」話が見えません。「某国から、日本人のイトウタケシが死んだ、という連絡が入りましてね。外国でパスポートなくしたことありますか?」「はい——」ヴァーラーナシー行きの夜行列車のなかで、パスポートとTC(トラベラーズチェック)を盗まれた。カメラを売って当座のカネをつくり、日本の領事館と銀行のあるカルカッタ...

左サイドMenu

プロフィール

インド作家_伊藤武(クルシー)

Author:インド作家_伊藤武(クルシー)
 
メルマガ『満月通信』のコラムを載せていきます。
 
講座案内等はこちらでお知らせしています。
http://malini.blog105.fc2.com/

お問い合わせはこちらまで。
yaj612@gmail.com

twitter

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR